良い姿勢は資産になります(西荻窪の美姿勢・美尻パーソナルトレーニング竹村幸太)

良い姿勢、正しい姿勢とはどういう姿勢のことを言うのでしょうか?

横から見た正しい姿勢のポイントは
・耳介(耳たぶ)
・肩峰(鎖骨と肩甲骨をたどっていった先端)
・大転子(股関節の外側の骨の突起)
・膝蓋骨後面(膝の皿の骨のやや後ろ)
・外果前方(外くるぶしの前側)

が一直線に並んでいる状態です。

よく見る光景として
「良い姿勢をとってください」と声をかけると、【気をつけ】と背筋をピンと伸ばす方がいらっしゃいますが、その時横から見ると、上のポイントからはずれていることが多くあります。
正しい姿勢の作り方のポイント、エクササイズはいくつかありますが、1つご紹介
①両手を組んで頭上に持っていって背伸びをします(10秒)出来れば何度か左右に体を倒して体側を伸ばします。
②次にその両手を後ろ、斜め下に下ろすようにに持っていって肩甲骨を寄せて胸を張るようにします(5秒)
③次にその両手を前に持っていって背中を丸めます(5秒)
④もう一度②と同じ動きで胸を張ります(5秒)
⑤手をほどいて体側、体の横に楽に沿わせたら、骨盤底筋(お手洗いを我慢するようにお尻の穴を締める)を意識して腰から背骨を一本ずつ積み上げるような意識で立ちます。
ぜひやる前と後で姿勢の変化を比べてみてください。
ただあくまで良い姿勢を保てるのは一時的なものでまたすぐに戻ってしまいます。
姿勢を保つ筋肉、特に体の深層のインナーマッスルを鍛えることと、肩甲骨・骨盤・背骨の動きを滑らかにしてあげることが、良い姿勢を作っていくのには重要です。
一朝一夕に変化は無いかもしれませんが、気づくと意識しなくても良い姿勢を保てている自分がいますよ。
私も色んなところで、知らない人からも
「姿勢が良いですね」「ピシッとしていますね」
と声をかけられます。
良い姿勢というだけで得することは沢山あります。そして、姿勢はお金では買えません。日々の積み重ねがあらわれます。
ぜひ普段からご自身の姿勢を意識していただければと思います。
ではでは

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください