良い姿勢に必要な筋肉(吉祥寺・西荻窪の美姿勢パーソナルトレーナー竹村幸太)

一般的に20~30歳をピークに年を取るにつれて何もしないと筋肉は1%ずつ減っていきます。

筋肉が衰えてくると、良い姿勢が保てなくなってきて腰が曲がったり、背が縮んだりしてしまいます。

その筋肉の中で最も減りやすいのが

①下半身(下肢)の筋肉

次に②体幹の筋肉 最も減りにくいのが③上半身(上肢)の筋肉 です。

 

もし貴方がいつまでも良い姿勢をキープしたいと思うなら、

「下半身」を重点的に鍛えながら、

姿勢を維持するのに必要な筋肉である

・背筋(脊柱起立筋、広背筋など)

・インナーユニット(骨盤底筋群、腸腰筋、腹横筋)

 

を鍛えていくと良いでしょう。

 

下半身と背筋を同時に鍛えるのに有効なトレーニングは

・バーベルスクワット

「バーベルスクワットの新記録に挑むパワーリフターバーベルスクワットの新記録に挑むパワーリフター」[モデル:朽木誠一郎]のフリー写真素材を拡大

・デッドリフト

 

インナーユニットを鍛えるのに有効なトレーニングは

・プランク

Woman Planking On Green Surface

・ハンドニー(ダイアゴナル)

 

・片足立ちになるトレーニング

 

など。ヨガやピラティスもインナーユニットを鍛えるのには有効です。

 

ではケガには気をつけて、ご自身のペースで無理のないようトレーニングを続けて、いつまでも美しい姿勢、若々しい姿勢を維持していきましょう。

 

貴女の美しさを引き出すパーソナルトレーナー 竹村幸太

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください