良い姿勢は胸を張らずにお尻の穴を締める

パーソナルトレーナーの竹村幸太です。

正しい姿勢の定義

良い(正しい)姿勢とは

1. 耳の穴

2. 肩(肩峰)

3. 股関節(大転子)

4. 膝の中心

5. 外くるぶし

が一直線に並んだ状態です。

姿勢が悪い方の場合、姿勢を良くしよう、背筋を伸ばそうと

「胸を張ってしまう」

ことが見受けられます。

良い姿勢とは上記の5点が直線で並ぶことですので、単純に背筋を伸ばす、胸を張るだけでは良い姿勢となりません。

それどころか無理に背筋を伸ばそう、胸を張ろうとすることで、腰を痛めることがありますので注意が必要です。

では姿勢が悪い場合、何に気をつけていけば良いのでしょうか?

1. 姿勢を保持するのに必要な筋肉を鍛えること。骨盤底筋群や腹横筋、多裂筋など

2. 抗重力筋を鍛える

背中: 脊柱起立筋、広背筋

腹筋: 腹直筋、腸腰筋

お尻: 大臀筋

太もも: 大腿四頭筋

ふくらはぎ: 下腿三頭筋

3. 縮んでいる筋肉のストレッチ

猫背の場合→胸と肩、脇の下や脇腹のストレッチ

反り腰→腸腰筋、太ももの前の筋肉のストレッチ

4. 動かしていない部位を動かす

肩甲骨、背骨、骨盤を動かすことが大切です

骨盤底筋群の活性化で良い姿勢を!

骨盤底筋群は、骨盤の底にハンモックのように広がる筋肉で姿勢を保持するインナーユニットの筋肉の1つです。

お尻の穴(肛門や膣など)を締める動きで骨盤底筋は収縮します。

座っている時に息を吐きながら、お尻の穴を締めてみましょう。

少し下腹部が引き上がるのが感じられますか?それが骨盤底筋がアクティブになっている状態です。座っている状態だと骨盤底筋を意識するだけで姿勢は改善します。

普段から意識をして、1日のうちに何度か、吐く息と共にお尻の穴を締める、引き上げる動作を行うようにしましょう。慣れてきたら立った状態でも行うようにしましょう。

整体や接骨院に行って一時的に肩こりが治ったり、腰痛が治ることはあるかもしれませんが抜本的な改善には姿勢を良くしていくことが重要です。一朝一夕に姿勢は良くなりませんが、トレーニングやストレッチを続けていくと必ず良い姿勢となり、悪い姿勢が原因の不調は改善します。

地道にコツコツと取り組んで良い姿勢を手に入れましょう。

ではでは

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください