ヒップは嘘をつかない(杉並区西荻窪・上荻・下井草パーソナルトレーニング)

加齢とともに何もしないと筋肉が衰えていきますが、顕著なのが下半身。

 

大腿四頭筋(太ももの前側)

大殿筋(お尻)

の筋肉は特に落ちやすい部位です。

 

大腿四頭筋(前もも)は意識すれば鍛えやすいのですが、難しいのがヒップ、大殿筋(お尻)の筋肉です。

日本人はもともと骨格的に体の前面の筋肉を使いやすくお尻を使いにくい体つきなのですが、最近は座っている時間が長く、生活が便利になってきたことからよりお尻を使わなくなり、

「横に広がった平べったいお尻」

になりがちです。特に年齢とともにヒップの筋肉がさらに落ちていくと、見た目だけでなく、

・疲れやすくなったり

・階段がきつくなったり

・片足でのバランスが悪くなったり

してきます。

人間は進化の過程で二足歩行となりましたが、お尻の筋肉が発達することで安定した二足歩行ができるようになったと言われています。

つまり、お尻は見た目の問題だけでなく、日常生活を快適に過ごしていくうえでも鍛えた方が良い部位となります。

 

日常で出来るヒップのトレーニングにうってつけなのが「階段」です。

pexels-photo-1089281

階段を上る際、「大殿筋・お尻」を意識しながら登ります。

一段、一段足を持ち上げて踏み込む際に、お尻に力が入るのを触っても良いので確認します。重心は少し前かがみで、慣れてきたら1段・2段飛ばしで上るとなお良いでしょう。

 

日ごろから運動をしているか、トレーニングをしているかは、その人のヒップを見ると明らかです。年齢を重ねていてもヒップがしっかりしていると後姿は若々しく見えます。

pexels-photo-1784379

これからは長い階段を見つけたら「ヒップを鍛えるチャンス」と喜びましょう(笑)

 

ではでは

 

美姿勢パーソナルトレーナー竹村幸太

 

#吉祥寺パーソナルトレーニング #西荻窪パーソナルトレーニング #下井草パーソナルトレーニング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください