健康寿命を延ばすには筋トレ&ウォーキング&ストレッチ

pexels-photo-1556710

長寿国の日本の健康寿命は?

 

香港に次いで世界第2位の長寿国の日本ですが、健康寿命で見るとその見え方は大きく変わります。

Ⓐ 平均寿命 男性81.09歳  女性87.26歳 (2017年)

Ⓑ 健康寿命 男性72.14歳  女性74.79歳 (2016年)

Ⓐ- Ⓑ 差異 男性8.95年      女性12.47年

参照:厚生労働省「健康寿命の延伸・健康格差の縮小」 「平成29年簡易生命表」

 

 

平均寿命から健康寿命を引いた「不健康な期間」「不自由な期間」が男性では約9年、女性は約12年もあります。これは先進国の中ではワースト1位。

すなわち9年間、12年間は思うように体が動かせず、人の手を借りながら生活をしている状態ということです。

出来れば一生涯、健康で誰にも迷惑をかけずに自分のやりたいことが出来る、というのが理想です。

 

健康寿命を延ばす方法

では「健康寿命」を伸ばすには何をすればよいのでしょうか?

健康寿命を伸ばす、ということは「要支援」「要介護」にならない、それらのリスクを減らしていくことが重要です。

要支援・要介護リスクの主な原因

・認知症

・転倒による骨折

・関節痛、関節疾患

・脳血管疾患

 

これらのリスクを減らしていくためには、正しい生活習慣、運動・食事・睡眠をつけていくことが重要です。

 

運動では、適切な筋肉をつけ、余分な体脂肪を減らし、全身の血流を良くしていくことが重要です。

下記に、筋トレ・ウォーキング・ストレッチの特徴、メリットを記します。

 

筋トレ(ウェイトトレーニング)のメリット

①転倒予防

②アンチエイジング(美髪、美肌)

③疲れにくい体

④骨の強化

⑤関節痛予防

⑥ストレス耐性の向上

など数多くありますが、筋トレにさらに

ウォーキング + ストレッチ

の習慣をつけられるとなお良いです。

 

ウォーキングのメリット

①リズム運動でセロトニンの活性化(リラックス効果)

②体脂肪燃焼

③心肺機能活性化

④脳の働き活発化

⑤疲労回復の促進

などがあります。何よりもどこでも出来る、外を歩けば自然やいろいろなお店、人との出会いもあるのだろう、がウォーキングの良いところですね。

 

ストレッチのメリットを見てみましょう。

 

ストレッチのメリット

①ケガの予防

②血行促進

③リラックス効果

④肩こり腰痛などの不調改善

⑤血糖値降下

⑥疲労回復の促進

など肩こり・腰痛予防改善だけでなく、動脈硬化の予防としても良い影響があることが分かっています。

参照:ストレッチングがもたらす血管機能改善効果の解明と新しい動脈硬化予防法の確立

 

 

筋トレ・ウォーキング・ストレッチとそれぞれに特徴がありますので、ご自身に足りない部分については特に意識をして積極的に行っていくと良いでしょう。

運動をバランスよく正しいやり方で継続していくことであなたの身体はより良い状態になっていくことは間違いありません。

今すでに運動の習慣がある方は継続しながら、トライしていない運動・エクササイズがあれば取り入れてみましょう。運動の習慣がない方は、まずはウォーキングからでも良いので少しずつ始めていきましょう。

「気づいたときに手遅れにならないように」運動を始める、というのはもちろん大事ですが、運動によって体が元気になると、心も明るく、元気になっていきます。

心と体の健康のためには、バランス良い食事、適度な運動、睡眠が重要です。

 

ではでは

 

パーソナルトレーナー竹村幸太

#西荻窪パーソナルトレーニング#下井草パーソナルトレーニング

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください