食欲の秋。食べ過ぎないためのアドバイス

食欲の秋。

あなたは食べることが好きですか?

「はい!」「もちろんです」

という方が多いですね笑

私も食べることが大好きです。でも20代前半までは食に全く興味が無かったので今のこの「食べること」「食材」「味」への関心はその頃と比べると別人のようです。

さて、女性の方で

「美味しいものを食べるために運動を頑張る」

という方もいらっしゃいますが、実は運動で減るカロリーって意外に少ないんですよね。

ご飯一杯分(140g)のカロリーを運動で消費する場合

・ウォーキング90分

・ランニング30分

・ウェイトトレーニング30分

といったところ。

意外と少ないですよね?

だから「運動したから今日は食べても平気!」

なことは残念ながらあまり無いんですね。

でも「好きなもの、美味しいものを食べたい」

というあなたには以下4点を心がけていくと良いでしょう。

①あなたの1日の平均摂取カロリーを認識しましょう

今は便利なアプリがたくさんありますのでそれを活用してまずは1週間、ご自身の食事の記録をして平均どれぐらいのカロリーを摂取しているか把握、認識しましょう。

おすすめのアプリはあすけんダイエット

②あなたの現在の基礎代謝、日頃の消費カロリーを認識しましょう

計算ができるWebサイトや上記アプリを使ってご自身の基礎代謝(何もしないでも消費するカロリー)と普段どれぐらい運動や家事、買い物、通勤などでカロリーを消費しているか把握、認識しましょう。

③外食や好きな食べ物を食べる日、回数など計画を立てて、それ以外の食事は低カロリーなものを心がけましょう

上記①②を把握すると、自分の体型を崩さないためには、どれぐらいの量を食べて、どれぐらいの運動をすればカロリーオーバーにならないかが分かります。

その上で、

・この日は外食をする日

・明日のランチは好きなものを食べる

など事前に計画を立てて、それ以外の食事は栄養が偏らないように気をつけながら低カロリーのもの(野菜や海藻など)をメインにしていくと良いでしょう。

毎日カロリー収支をあわせていくのは大変で疲れるので、1週間を通して摂取カロリーと消費カロリーの収支が合う、カロリーオーバーにならないように気をつけていけば良いと思います。

④積極的に水、炭酸水を飲みましょう

③を実践していくと空腹感を感じることもあると思いますので、水分を積極的に取るように心がけましょう。炭酸水は一時的にお腹も膨れるので空腹感に耐えられない時はオススメです。

空腹感を感じると、「長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子が活性化する」と言われていますので、実は空腹感を感じることは太らない、ということだけでなく、長寿にもつながるかもしれませんね!

以上

運動を自分の生活に賢く取り入れて、旬の食材を味わいながら食事を楽しんでいきたいものです。

ではでは

パーソナルトレーナー

竹村幸太

#西荻窪パーソナルトレーニング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください